Are we in control of our decisions? : Dan Ariely

「我々は本当に自分で決めているのか?」

「「予想通りに不合理」の著者である、行動経済学者ダン・アリエリーは昔ながらの視覚的錯覚や彼独自の思いもよらぬ(時にショッキングな)研究結果を用い、人が何かを決断する際、自分で思っているほど合理的ではないことを証明します」

 

自分がの意思で選択、決定していると思っていることが、メディアやデザインによって影響を受けている。

自分はそんなことはない、と思いそうですが、心理学やゲーム理論など、自分がコントロールされている可能性や選択を限定、もしくは誘導されているケースがあるのではないでしょうか。

 

TEDでプレゼンされていたDan Ariely氏の「Are we in control of our decisions? 」はとても学びになります。

 

 

デザインを制作する際にこういった視点を持つことはとても有効だと思います。

ただ、そうしていると明らかに見破られるようなものではいけないですし、露骨に誘導していくのは良くないと思いますが…

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です